口コミで高評価の緑茶 水だしもおいしい 市川のぐり茶を飲んでみた

ぐり茶 新茶 緑茶 おすすめ プレゼント ギフト

ぐり茶とは

ぐり茶の正式名称は「玉緑茶」。
明治時代末期に九州で輸出向けに作られたのが始まりで、今では静岡県東部の伊豆のお土産として定着。
ぐり茶と煎茶の違いは最後の葉の形を整える精揉工程が省略され、ぐり茶は匂玉(まがたま)のような形に揉み上げられている。匂玉のような形(グリグリした見た目)からぐり茶と呼ばれている。
市川のぐり茶は特に深く蒸してあり、葉が細かいのが特徴。

実際に茶葉をお皿に入れてみてみるとこんな感じでした。

ぐり茶 新茶 緑茶 茶葉 ぐりぐり 玉緑茶

おぉ~!!ぐりぐりしているのが確かに紛れていますね~。

ぐり茶のおいしい淹れ方

美味しい淹れ方についてはお茶の袋の裏面に記載されていました。
『沸騰させたお湯を少し冷ましてから茶葉を入れた急須に注ぎ、一滴も残さず湯呑に均等に注ぎ分けてください。一層おいしくお召し上がれます。』

とのことでした。
ざっくりとした説明ですね~。
お湯の量や茶葉の量が書かれていなかったので、大体~って感じですかね。
湯呑2杯分で、茶葉の量の目安とか書かれているとわかりやすいのかな~とも思ったけど、書いていてもわざわざ計る人いないでしょ~ってことで記載していないのかな~?
もしくはお茶の濃さも好みがあるから、あえて書いてないのかも。

実際にぐり茶を淹れてみた

ぐり茶 市川のぐり茶 新茶

どのくらいの色が出るか見たかったので、ガラス製のティーポットで淹れてみました。
ちなみに、このティーポットは、リーフティー対応で蓋に網が付いているので、茶葉をそのまま入れてもいいのですが、洗うのが大変なので、お茶パックを利用してお茶を淹れてみました。

袋を開けると、お茶の香りがふんわりと広がり、癒されました。
お茶はやっぱり落ち着きますね。

ぐり茶 新茶 緑茶 茶葉 ぐりぐり 玉緑茶

お茶葉パックを入れたティーポットに湯を淹れて1分くらいすると、色が出てきました~。

ぐり茶 玉緑茶 新茶 緑茶 茶葉 市川のぐり茶 市川製茶

鮮やかなグリーンです。

ぐり茶 新茶 緑茶 みどり 市川のぐり茶 市川製茶

ぐり茶の感想

お茶の香りが広がり、とってもおいしです。お茶の甘味が感じられ、渋みや苦みは感じず、爽やかな感じでした。

ぐり茶ですが水だしでもおいしくいただけるそうです
市川のぐり茶の楽天サイトの方に、水だしでもおいしくいただけると記載がありました。
次は水だしで飲んでみよ~。
あと、お茶葉の適量も記載がありました。
先に調べてから飲めばよかった~。
まぁ結果おいしく飲めたからいいんだけど。

お茶のパッケージや独自のホームページのサイトにも『水だしOK』とか、茶葉の適量など記載をしていただけるとありがたいな~と思いました。

個人的には『水だしでおいしく飲める』ってのはとってもメリットだと思います!

市川のぐり茶 購入方法

市川のぐり茶はネット注文だけでなく、電話注文も受け付けているみたいです。

市川のぐり茶のホームページ
https://www.guricha.jp/SHOP/J01032.html

TEL:0557(45)0990

市川のぐり茶の楽天サイト


『ぐり茶』聞きなれないお茶でしたが、上品でとってもおいしかったです。
お茶は年齢問わずみんな飲むし、プレゼントでも喜ばれますもんね~。
ぜひ試してみて下さいね~。

最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です