日本〜熊本 黒川温泉 新明館 に宿泊してみた。

熊本、大分の旅−2018.03

博多から黒川温泉への行き方

博多バスターミナルから熊本黒川温泉行きのバスが出ています。
これに乗れば乗り換えなしで黒川温泉まで行けます。


1日4便、(午前2便、午後2便)
で博多駅からだと、 約2時間40分ほどです。

時刻表はこちらからご確認ください。>>https://www.kyusanko.co.jp/sankobus/toshikan/kurokawa/

黒川温泉到着です〜。
黒川温泉 黒川

チェックインまでの過ごし方

宿まで歩いて行ける距離ですが、
宿泊する山の宿 新明館
さんがちゃんと迎えに来てくれていました。

とりあえず旅館に荷物を預けました。
チェックインは15時。
新明館の宿泊者は姉妹館の山みず木のお風呂に 無料で入れると言うことで、山みず木さんの温泉に行くことに。

ちなみに 山みず木さんへの
無料シャトルバスも温泉街のつけものやさん前から出ています。
まぁ歩いて行けない距離でもないんですけどね〜。

山みず木の温泉
黒川温泉 山みず木 温泉
露天風呂はめっちゃ熱かったです(笑)
この奥に屋根のある温泉もあるのですが、
こちらはちょうどよかったです。

外には川が流れてます。
黒川温泉 山みず木 温泉

バスで温泉街に戻って、 パティスリー麓でおやつタイム。

シュークリームと、
りんごとチーズのスフレ

2つとも美味しかった〜
シュークリームはクリームがたっぷり。
食べるときにこぼれちゃうので注意してくださいね。

黒川温泉 山の宿 新明館に宿泊

旅館にチェックイン後、旅館の温泉でゆっくり。

新明館は洞窟風呂で有名でね。
洞窟風呂の写真は撮り忘れました(笑)
すみません。

こちらの写真は相方さんが撮影した写真↓
こちらは 男女混浴
実質男性専用だそうです。
勇気のある女性は入りにいってもいいかも♪
この奥に温泉かある、らしい。

黒川温泉 山の宿 新明館 温泉

黒川温泉 山の宿 新明館 混浴

旅館入ってすぐに暖炉があり、
ここに自販機とコーヒーがあるのですが、コーヒーは飲み放題。
温泉後の待ち合わせでよく利用させていただきました。

黒川温泉 暖炉 新明館

晩御飯です。
晩御飯は 部屋食でした。

お品書き

黒川温泉 旅館 新明館 お品書き

女将さんが気さくな方で、お料理を丁寧に説明してくれました。

美味しくて、ところどころ料理の写真撮り忘れました(笑)

黒川 山の宿 新明館 晩ご飯

黒川温泉 旅館 新明館 晩御飯

黒川温泉 旅館 新明館 夕食

夜は宿泊者専用の貸切露天風呂にいきました。

黒川温泉 旅館 新明館 宿泊者専用 温泉

夜のお散歩。

黒川温泉、3月だと、夜はまだまだ寒かったです。

黒川温泉 夜

朝起きて、朝食です。
朝食は一階の会場で食べました。

山の宿 山の宿 新明館 朝食

このときに気づいたのですが、
宿泊者の半数以上が
韓国人中国人のようでした。

フロントにも日本語の上手な可愛い韓国人のスタッフがいたので、韓国人のお客さんが多いんでしょうね〜。

黒川温泉の山の宿 新明館
情緒があり、女将さんもとっても気さくで暖かい、とっても良い旅館でした。
また泊まりに来たいですね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました*\(^o^)/*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です