ベトナム ダナン 五行山への行き方とお勧めの服装

ダナン 五行山 マーブルマウンテンへはチャータータクシーで行った

五行山
マーブル マウンテン ダナン Núi Ngũ Hành Sơn Đà Nẵng

私たちはミーケビーチ沿いのホテルに宿泊しました。
前日にバーナーヒルズのゴールデンブリッジまで送迎してもらったタクシーのお兄ちゃんとラインで友達になっていたので、そのお兄ちゃんと交渉して翌日もタクシーチャーターを頼むことに。

ホテル→五行山→ホイアン→ホテルの1日チャーターで700000vnd(約3304円)
で出来ました。
チャーターする場合には目安として参考にしていただければと思います。

五行山 アンフー洞窟(Am Phu Cave)

まず私たちはアンフー洞窟(Am Phu Cave) から周ることに。
この洞窟に入るのに入場料がかかります。

ダナン 五行山 入場料 服装 行き方

入口近くのチケット売り場でチケットを購入。
20000vnd(約94円)になります。

ダナン 五行山 入場料 服装 行き方 チケット売り場
ダナン 五行山 入場料 服装 行き方 チケット

チケットは洞窟の入り口でお兄さんにチェックされます。
洞窟の中にどんどん進んで行きます。

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方

最初はなんてない洞窟かな~と思いきや・・・
いや~高い崖のような階段を発見。長ズボン&スニーカーできて良かった思いました。
みんな手で支えながら崖を登ったり降りたり。

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方 崖 階段

階段を登り終えて上から見るとこんな感じです。
石造りの階段は幅もバラバラですし、怖かったです。これは、抱っこひもつけてとか子連れにはきつそうです。ご高齢の方や高所恐怖症の方もきついかもですね~。体力に自信のある方だけ登りましょうね~。

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方

ちなみにこの階段の上には、塔と微妙な景色があります。
一生懸命登ってこれだけか~い!と思ってしまうほど狭かったです(笑)

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方 展望台
ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 展望台

この景色をみてまた同じ階段という名の崖を降りていきます。
実際は登るときよりも降りるときの方が怖かったです。よく見ると崖のあらゆるところに仏像があります。なんだか神秘的ですね。

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方

アンフー洞窟(Am Phu Cave) にはよくガイドブックにも載っている、仏像もあります。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 アンフー洞窟

洞窟の上が空洞になっていて、光が差すと仏像が照らされる神秘的なやつです。
この赤と青のライトアップがなんとなくチープな感じに見えるのは私だけでようか(笑)

仏像の裏に回り、洞窟の空洞をながめることも出来ました。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 アンフー洞窟

地獄門というところもあります。
ここも石畳の階段をどんどん歩いていきます。
これは最終的に同じところにぐるっと回って戻って来ます。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 アンフー洞窟
五行山 行き方 ハード 歩く 服装 地獄洞 階段

鬼がいっぱいです。子供は怖がるでしょうね~

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 地獄洞
五行山 行き方 ハード 歩く 服装 地獄洞 鬼

他にもいろんなところに仏様がいます。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 地獄洞

これにて アンフー洞窟(Am Phu Cave) 終了です。入口と同じところから出ていきます。

五行山 観光 行き方

五行山 エレベータ

先ほどのアンフー洞窟(Am Phu Cave)は下の図の⑮です。その他の観光スポットを散策するにはGATE2のエレベータにのって山の上に登り、そこからすすんで行きます。

この地図、結構役に立つので、地図の写真を写メっておくと散策するのに役立つと思います。

五行山 地図

まず、エレベーターと入場料のチケットを購入します。
エレベーターの近くにありますよ~。

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方 チケット

エレベーターチケット(片道)が15000VND(約71円)、入場料が40000VND(約189円)になります。

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方 チケット

エレベーターチケットは基本的には片道でいいと思います。最終的に階段を使ってGATE1から出ていく形になります。
エレベーターに乗る前に2枚のチケットをチェックされてエレベーターに乗り込みます。

五行山 観光 エレベーター

エレベーターは2機。

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方 エレベーター

だだ~ん!なかなか上までやってきました。
曇り空なのが残念!!

ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 景色
ダナン マーブルマウンテン 五行山 服装 行き方 景色

サーロイ塔(Xa Loi Tower)

地図の①になるサーロイ塔(Xa Loi Tower)

五行山 行き方 ハード 歩く 服装

さらに進むと仏像様と寺院が見えてきます。たぶん地図で言う②になります。
この先、こういう塔や神社、仏像が沢山出てきます(笑) 途中から歩くのがきつくて、仏像にも飽きてくる(笑)

五行山 行き方 ハード 歩く 服装
五行山 行き方 ハード 歩く 服装
五行山 行き方 ハード 歩く 服装 仏像

仏像を見終えて階段を登っていきます。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 階段
五行山 行き方 ハード 歩く 服装 階段

なかなかのアップダウンで、途中ベンチで休憩する人もたくさんいます。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装

ヴァントン洞窟(Van Thong Cave)

地図でゆう⑤になります。この洞窟に入らずまっすぐ⑪に進むことも出来ます。地図だと⑤から洞窟を通って簡単に⑪にいけるようになっていますが、実際かなり険しい道のりで、体力に自信のある人じゃないと無理だと思うので、地図に騙されないようにしてください(笑)

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 五鉱山 洞窟 ヴァントン洞窟(Van Thong Cave)

この穴がヴァントン洞窟(Van Thong Cave)になります。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 五鉱山 洞窟 ヴァントン洞窟(Van Thong Cave)

穴を進むと仏さまが現れます。そこで終わりかと思うと、どんどん進める。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 五鉱山 洞窟 ヴァントン洞窟(Van Thong Cave)

ここでたくさんの観光客が立ち止まっていてUターンする人もいて、なんでだろう~と思いながら進むと理由がわかりました。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 五鉱山 洞窟 ヴァントン洞窟(Van Thong Cave)

もはやロッククライミング(笑)
落ちたら絶対ケガやん。しかも暗い。
これは子供や老人には厳しそうですね。
外国人カップルのお兄さんは彼女が登る間、スマホのライトで照らしてあげていました。
スニーカーに長ズボンでよかったと改めて思いました(笑)

五鉱山 洞窟 ヴァントン洞窟(Van Thong Cave)

結局私たち二人はこの崖を登り、ようやく抜けることが出来ました。
崖を登り切った達成感(笑)。前にいた先ほどの外国人カップルと仲良くなって写真を撮りあいました。

五鉱山 洞窟 ヴァントン洞窟(Van Thong Cave)

まだまだこのジャングルロードは続きます。
スカートでも頑張って登ってきている人もいました。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 ハード

急な崖のような階段を登っていきます。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟

するとようやく頂上らしきところに到着。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 景色

展望台らしきスペースですが、岩だらけでくつろげる場所もなく、みんな無理やり岩や手すりに座って休憩です。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟

あの外国人カップルとまた写真の撮りあいをしました。

ダナン 五行山 ハード 服装

狭いところに人が沢山で絶景を撮ることも出来ず(笑)
休憩をしてまた進んでいきます。
順序的なのはないのか、逆走してくる人もいます。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 崖 岩

がけのような階段を降りていき、地図の⑪を目指します。
下っていると自分たちが結構上まで登っていたんだなぁと実感です。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 階段

リンナム洞窟(Linh Nham Cave)

⑪の広場あたりから階段を登っていくと洞窟の中にまた仏像があります。
この洞窟であったお兄さん二人、めっちゃ歩くのが早かったです(笑)特に赤Tシャツのお兄さん。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 リンナム洞窟(Linh Nham Cave)
五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 リンナム洞窟

また⑪までもどり、次は⑦のエリアを進み⑧のThe Highest Peakをめざします。

The Highest Peak

これが⑦のRelaxation areaになります。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装

でここの階段から歩いてThe Highest Peak を目指します。
この階段の上にいるTシャツのお兄さんは先ほどの リンナム洞窟(Linh Nham Cave) であったお兄さんです。

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 山 展望台

もう。。。
あの洞窟の崖を登ったり、結構歩いていて、正直、この階段もなかなかの急斜面で登るか迷いましたが、ここまできたら、、、という思いで登りました。
登った後の絶景です。(笑)
曇っているのがもったいない~

五行山 行き方 ハード 歩く 服装 洞窟 山 展望台

こんな小学校低学年くらいかな~と思われる欧米人の子供も登ってきていました。

五鉱山 山 景色 展望台

頂上で休憩した後はまた昇ってきたこの急な幅の狭い階段を降りていきます。
この階段も怖かった~。リンナム洞窟(Linh Nham Cave)にいた欧米人のお兄さんが走りながら降りて行っていたのでびっくりしました(笑)
欧米人の身体能力に驚き(笑)。
私たちはこけない様に手すりを持ちながらそろりそろりです(笑)。

ダナン 五行山 ハード 服装 マーブルマウンテン

ホアギエム洞窟(Hoa Nghiem Cave)

また⑦のRelaxation areaまで戻り次は⑨のホアギエム洞窟(Hoa Nghiem Cave)です。

ホアギエム洞窟(Hoa Nghiem Cave)

この門をくぐると仏像が現れます。

ホアギエム洞窟(Hoa Nghiem Cave)

フィエンコ洞窟(Huyen Khong Cave)

ホアギエム洞窟(Hoa Nghiem Cave) をさらに奥へ進むと、フィエンコ洞窟があります。

フィエンコ洞窟(Huyen Khong Cave)

圧巻です。どうやってあんな高い場所に仏像を作ったのだろうと考えさせられます。
階段をおり、下から洞窟の上を覗くと、洞窟に空洞がありました。
ここから差す光もまた幻想的です。

フィエンコ洞窟(Huyen Khong Cave)空 光

タムタイ寺(Tam Thai Pagoda)

地図の⑪あたりにあります。

タムタイ寺(Tam Thai Pagoda)

そこからさらに⑫⑬のゾーンを目指します。

五行山 階段 スニーカー

ここら辺はお庭がかわいい印象です。

タムトン寺(Tam Ton Pagoda)
五行山 庭

もう疲れて奥まで行かず(笑)この先は何があるんでしょうね~
トイレかな?

五行山 行き方 ハード 歩く 服装

ここのお庭、面白い仏像様が居られました。乳首やら、いろいろといじられています(笑)

五行山 大仏

また来た道を戻っていると途中でお猿さんに遭遇しました。

五行山 サル 猿

最後に⑭のView point

五行山 展望台

やっぱりどんより雲がもったいない(笑)

大体観光を終えて、⑪付近まで戻りGate1より下山していきます。

五行山 下山 歩き 階段

結構急で膝にきます(笑)
加齢ですね。途中ベンチもあります。休憩している人もいます。

五行山 ハード

無事に下山~!!

五行山 行き方 ハード 歩く 服装

山を下山すると、タクシーのお兄さんの客引きが沢山います。私たちも声をかけられましたが、チャーターしていたので、お兄さんにラインをして迎えにきてもらうように頼みました。
ここには売店やお土産屋さんもありました~。

まとめ

服装は長ズボンにスニーカーがオススメです。車いすやベビーカーは厳しそうです。
所要時間は私たちは2時間半ほどかかりました。ちゃんとしっかりと全部みてまわりたいという場合にはもう少し時間がかかる気がします。
私たちが行った日は曇りでしたが、雨の日は滑ったりして危ないと思われます。また晴れすぎると暑くて、体力が奪われる気もします。結果、曇りくらいがちょうどいいですかね(笑)

最後にベトナム旅行にオススメのSIMカードをご紹介。
amazonで安かったので不安でしたが、実際にハノイ、ダナンで使用したところサクサクつながり、安心して使えたので、おすすめです。しかも20日間で60GB!!
GrabもこのSIMカードで呼べましたし、ドライバーとのメッセージのやり取りもできました。

五行山にいくツアーもありましたので、よかったら参考にしてみて下さいね~。

【日本語ガイド】ダナン市内半日観光 五行山「マーブルマウンテン」&ピンクの教会見学(ダナン/ホイアン午前発・ホテル送迎付き)https://www.kkday.com/ja/product/31059?cid=8424

【日本語ガイド】ベトナム中部欲張り一日ツアー!世界遺産ミーソン遺跡&ダナン市内観光+古都ホイアン散策+灯篭流し体験(ダナン/ホイアン発・指定ホテル送迎付き・昼&夕食付き)
https://www.kkday.com/ja/product/31257?cid=8424

最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です