台湾〜バニラエアは厳しい⁈福岡空港はそんなことなかった。

台湾の旅-2018.04

福岡空港からバニラエアーを実際に利用してみた

初めてバニラエアLCCに乗ってみました。

バニラエア福岡空港

もちろんケチなので、追加料金を支払ったりして、荷物を預けることもなく
機内持ち込みのみです(笑)

バニラエアって、持ち込みの重さとか厳しいの~?

そんな疑問を持っている方も多いかと思います。

単刀直入にいうと、
そんなこともないです。

バニラエアのホームページでのお荷物の制限はこちら

vanilla Air

●サイズ:各辺が55cmX40cmX25cm以内かつ、三辺の合計が115cm以内
●個数:手荷物1個 + 身の回り品(ハンドバック・PCバックなど)1個
=2個まで
●重さ:2個の合計が7kgまで
※2018年5月24日時点

私は
・機内持ち込みサイズのキャリーバック
・リュックサック
・財布&ケータイ&パスポートの入ったちっちゃなショルダーバック
このスタイルで挑みました。

すでに鞄3つやん(笑)

って感じですが、なんか言われそうな予感がしたら
ちっちゃなショルダーバックは
リュックにしまう予定で挑みました。

まぁ案の定なにも言われませんでした。

すべての荷物合計で7キロということでしたが、、、
キャリーバックだけしか重さは計られませんでした。
キャリーバックだけでは6キロくらいだったので
すんなりチェックインできました♪

キャリーバックが7キロ超えた場合は
さすがにお金を支払わないといけないのかな・・・

スミマセン、そこまではわかりません。

それでは、福岡空港のバニラエア早朝便の様子からです。

8時55分発のフライトです。

6時50分ごろに到着しましたが、、、

すでにこの行列(笑)
びっくりしました。

福岡空港チェックイン

LCC経験の少ない私は、
荷物のチェックは厳しくないかな~と
この時そわそわしてました。
カウンターで、

チェックイン時に、お姉さんに、

「通路側の席ありますか~?」

と聞くと、

 

「通路側ございますが、指定されると有料となりますがよろしいでしょうか?」

 

とのこと。

えええ~、カウンターでも指定できないのね(笑)

「じゃぁ、結構です。(笑)」

座席はコンピューターで勝手に決められようですね。

3列3列のシートでしたが、見事に窓側シートでした。
まぁ真ん中じゃなかったから良かったです。

さて、チェックインも終わったし、出発ゲートに行って
荷物検査してもらわないと~

福岡空港セキュリティチェック

えええっなんだこの行列は~(笑)

よくわからない写真で申し訳ないのですが、

福岡空港の保安検査は
8時からしか開かないようで、

早朝便のLCCのお客さんがわんさか並んでおりました。

スタッフいるなら10分くらい早めに開けてくれたらいいのに~

と思いつつ並びました。

セキュリティーチェックも行列のおかげで時間を要したので、
搭乗までそんなに時間を持て余すことはなかったです。

バニラエアの機内

肝心の機内の様子です。

ビニールか革かは分かりませんが、

リッチそうな黒のシートに赤のシートベルトでおしゃれです♪

座席は狭いかな~と感じましたが、

LCC経験が少ないからかな!?

飛行中、めちゃ寒かったです(笑)
ブランケットを押し売りする気かって思いました(笑)
旅行にパーカー等の羽織るものは必須ですね♪

まとめとして、福岡空港のバニラエアのチェックはそんなに、厳しくないです!

最後まで読んでいただきありがとうございました\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です